松山 派遣看護師

自分が勤務で担当した患者さんが急変で亡くなった時・・・自分を責めますね・・・。生死に関わる仕事って本当に大変だとつくづく思います。

病棟で働いていると、受け持ちの患者さんがいますよね。
自分が受け持っている患者さんというのは、他の患者さんよりも思い入れが強くなるものです。
どの患者さんにも平等に対応する事は、もちろん基本なんですけど、受け持ちの患者さんの場合は、
入院してからずっと深く関わっていて、信頼関係を築く為にコミュニケーションも蜜に取っています。
一日も早く元気になって退院できるように、受け持ちの患者さんに対しては、
看護方針や看護計画を立てているんですよ。
だから、早く元気になってもらいたいと、いつも思っていますよね。

 

でも、患者さんの中には、治療を一生懸命におこなっても、亡くなってしまう方がいます。
生死に関わる事が毎日あるんですよね。
自分が受け持ちになった患者さんも、嬉しい結果ばかりではなくて、予想もしない急変が起こったり、
亡くなってしまう事もあるんです。
特に、重症度の高い疾患の患者さんの場合は、いつ何が起こるか分からない状態です。
最近調子が良さそうだし、元気になってきたなと思っていても、誰も予想していなかった急変が起きてしまってステルペンになると、
そのショックは相当大きいんですよね。
そのような時には、自分をすごく責めてしまいます。
もっと患者さんの声に耳を傾けてあげればとかったとか、最期の時をもって有意義に過ごさせてあげたかったとか、
いろいろな事が頭の中に駆け巡って、自分を責めてしまうんです。
看護師のように、人の生死に関わる仕事って、本当に大変ですよね。
そのような事があっても、他の患者さんがいますから、気持ちを常に切り替えなくてはいけないんです。

 

でも、そんな辛い仕事でも、患者さんが元気になって退院していく姿を見ると、やっぱり看護師で良かったなと思いますね。